資源物の持ち去り禁止

2013年6月配布のニュース, お願い

平成25年10月1日から、ビンカンボックスからのアルミ缶等の抜き取り、ごみステーションからの有価物の持ち去り行為が条例により禁止されます。

(命令に従わない違反者に20万円以下の罰金、法人等に対しても罰則規定)

市の取り組み

  • 専任職員による市内巡回パトロール
  • ビンカンボックスへ抜き取り防止カバーの取り付け
  • 資源物の買い取り業者へ協力依頼
  • ごみステーションへ啓発看板を自治会と協力して設置(7月~9月)
  • ビンカンボックスへ啓発シールを貼り付け(7月~9月)
市民の皆様へのお願い

資源物の持ち去り行為者の情報提供をお願いします。

収集時間帯は、職員から情報提供を得ていますが、早朝・夜間の情報が
少ないため、皆様からの日時、場所、行為者の特徴などの情報を基に、
該当地域を重点的にパトロールいたいします。

なお、行為者と接触することは危険であるため止めてください。

連絡先 : 豊橋市 環境部 業務課 0532-61-4136

※ 車両火災について

毎年冬になりますと、こわすごみの収集日にスプレー缶等の混入により
車両火災が発生します。
しかしながら今年は4月27日から5月17日にかけて
昨年度の年間発生件数と同じ4件の車両火災が発生しました。

スプレー缶、ライター、カセット式ボンベは必ず、
危険ゴミの収集日に持ち出してください。

ご協力をお願いします。


PAGE TOP