2013年4月配布のニュース

拝啓、時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

さてこの度富士見小学校では本年30周年を迎えることを機に
痛んでしまったスチール製の下駄箱を地元産の木を使った
木製下駄箱に新調するため、別紙の趣意書の通り
校区の皆様方に募金の協力依頼がありました。

当自治会としても、趣旨に賛同いたしたく、
また富士美小学校へ目に見える形の貢献をして
まいりたいと考えております。    敬具

目標金額:総額 250万円  一口500円以上

期  間:第一期 (平成25年5月26日から6月7日まで)
ただし、目標金額に達しない場合は第二期の募金協力を行う。

その他:募金方法等、詳細については
次回 回覧にてご案内します      以上

2013年4月配布のニュース

豊橋市立富士見小学校は、昭和59年開校以来、
本年で創立30年を迎えることとなりました。
その間、富士見校区の方々に多大なるご支援と
ご協力をいただき、現在を迎えております。
長年支え続けていただいた校区及び関係各位に
心より感謝申し上げます。

さて、本校は開講以来、学校教育目標
「いのちを見つめる教育活動を推進し、
知・徳・体の調和のとれた人間形成を図り、
豊かな心をもち、21世紀をたくましく生きる
子どもの育成をめざします」に基づいて

「りんご皮むき大会」をはじめとする体験的、
問題解決的な学習や共生と思いやりの心を
大切にする行事を実践し続けて参りました。
(是非ホームページ をご覧ください)

しかしながら約30年を経過する建物、設備など
教育環境は老朽化が進み、児童の活動に支障を
きたして参りました。

ご存知のように「下駄箱」は朝、帰りだけでなく
放課や体育の授業の度に使われる場所です。
しかも、一人一人に与えられた場所という
意味では机やいすと同様の価値をもっています。

そこで、創立30年を機にこの傷んでしまった
スチール製の下駄箱を、地元産の木を使った
木製の下駄箱に新調したいと考えています。
合わせて環境教育の講座を設定し、自然の大切さと
富士見校区への感謝の指導の機会にしたいと考えます。

つきましては、校区の方々にこの趣旨に
ご理解を賜り、募金へのご協力を
篤くお願い申し上げます。

PAGE TOP