大地震避難原則マニュアル配布について

2018年7月配布のニュース

日頃は自治会の活動に対しまして格別のご理解とご協力を賜り厚くお礼申し上げます。

さて、協議会では「自分の身は自分で守る」そのような観点からマニュアルを作成し全世帯対象に配布することとしました。

最近、全国各地で災害が多く発生し、南海トラフ地震が懸念される中で、いざ発災すれば公的機関に頼ることなく、自分自身で「家具の転倒防止」や「備蓄を行う(一週間分)」など、いざというときに備えることが大切といわれています(自助の役割)。

自分の身は自分で守れるよう、日頃から心がけましょう!!

マニュアルに記載されている「ステップ4」の一時避難場所とは、先日配布した「富士見小学校ハザードマップ」に記載してあります。

また災害時に防災協議会に入る情報は、各区一時避難場所(公園)に行けばわかるように掲示する予定となっています。

一時避難場所(公園)と第一指定避難所は違いますので、くれぐれもお間違いのないように、各自ご確認ください。


PAGE TOP