2015年6月配布のニュース

よろず相談窓口の開設について

向暑の候、皆様にはご健勝でお過ごしのこととお慶び申し上げます。日頃は自治会の活動に対しまして格別のご理解とご協力を賜り厚くお礼申し上げます。

さて、見出しの件についてこの度、自治会では新たな取り組みとして「 よろず相談窓口 」を開設しました。

富士見在住の豊橋市議会員ひろた 勉氏にお願いし、対応していく予定をしております。

身近に生活する中で、校区内のお困りごとや要望等をお聞かせ下さいますようお願い申し上げます。

1、申し込み方法
まずは所定の用紙に必要事項をご記入ください。
※所定の用紙は富士見校区市民館もしくは自治会長まで
※より多くのご相談に対応させていただくため
ファックス、メール等書面での受付とさせていただきます。
( 今後は来訪による対面相談等検討 )


2、申し込み先
FAXでの申し込み (0532)23-2622
メールでの申し込み E-mail g-hirota@tees.jp
持ち込みの場合
富士見校区市民館(平日、土曜日9:00~12:00)
もしくは自治会長宅まで提出

3、相談対応
豊橋市議会議員( 富士見校区自治会副会長 ) ひろた 勉氏

4、その他
相談者の方のプライバシーは十分配慮いたします。

yorozu-s

2015年6月配布のニュース

安心・安全な学校づくりについて(お願い)

向暑の候、皆様にはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。日頃は本校の教育活動に対し、ご理解・ご協力をいただきまことにありがとうございます。

さて、5月29日から5月30日にかけて、本校のプールに何者かが侵入した形跡がありました。その数日後には、校舎周辺に外から持ち込まれたごみが捨てられていました。

そこで、今後の学校の安全管理のために、以下の点について、校区の皆様のご協力をお願い致します。

1、高豊中学校に、何者かが侵入しているのを見かけたり、そのような情報が入った場合は、高豊中学校か伊古部駐在に連絡をしてください。

2、今後、赤色灯や人を感知して光るセンサーライトを、校地内に設置します。22時30分以後に、赤色灯やセンサーライトが点灯していた場合は、不審者が侵入していることが考えられます。

3、監視カメラはすでに設置してあります。
ご承知おきください。

問い合わせ先
高豊中学校 教頭 ( 電話21-2101 )

2015年6月配布のニュース

日頃は、町内活動に対し格別のご協力を賜りまして誠に有難うございます。
さて、毎年恒例となっております『富士見校区盆踊り大会』のご案内を申し上げます。
皆様方の多数のご参加をお待ち致しております。

平成26年度 富士見校区 盆踊り大会 協賛企業、事業者一覧

日時 : 7月25日(土)26日(日)
午後7:00~9:00

場所 : 富士見小学校運動場
企画 : 盆踊り、夜店、大抽選会
抽選会 : 7月25日(土)午後8:30~
豪華賞品を多数用意しています!

抽選券は午後8:00までに本部席の抽選箱に入れてください。

盆踊り当日のお願い

◎ 周辺道路への駐車はご遠慮ください。
(駐車場がありません。車・バイクでの来場はご遠慮下さい)
◎ 会場では、花火は危険ですのでご遠慮ください。
◎ お酒を飲まれる方は車・バイク等でのご来場はご遠慮ください。
◎ ゴミのポイ捨ては絶対にないようにお願いします。

盆踊りの練習日程について

盆踊りの練習を下記日程で開催します。
ご近所の方、お友達をお誘いの上、多数ご参加ください。

日時 : 7月16日(木)17日(金) 
午後7:00~9:00
場所 : 富士見ハウス ( 集会室 )

日時 : 7月23日(木)24日(金) 
午後7:00~9:00
場所 : 富士見ハウス ( 集会室 )

曲目 : ♪豊橋音頭、きよしのズンドコ節、ハメハメハ大王、
ジンギスカン、富士見音頭 他

2015年6月配布のニュース

「 ネパール地震救援金 」へのご協力について( お願い )

ネパールの首都カトマンズから北西80キロメートル付近
を震源とするマグニチュード7.8の地震が4月25日に発生し、
死者はネパールで7600人を超え、周辺国のインドや中国、
バングラデシュでも死者が出ています。( 5月6日 )。

自治連合会では平成23年3月の東日本大震災
において町自治会役員の協力のもと会員の皆様から
温かいお気持ちをいただき、63,751,507円の義援金を
市の福祉政策課を通じて日本赤十字社に届けました。

このたびのネパール地震においても被害の甚大さ、
また豊橋市には91名( H27.4.1現在 )のネパール国籍の住民が
居住している状況を踏まえ、私たちの持つネットワークを
最大限に生かし、救援金を集め、被災地へ届けたいと
考えています。

会員の皆様で、この趣旨にご賛同いただける方は、
別に配布しました封筒で、6月27日までに各組長さんへ
お渡しください。

救援金へのご協力は、あくまで任意です。
会員のみなさまに強制するものではございません。

※ 救援金は、日本赤十字社
または日本ユニセフ協会を通じて被災地に送られます。

組長さんへ
集まりました義援金は開封しないで、そのまま7月10日までに
事務局( 市民館 )まで持ってきて下さい。

PAGE TOP